利用規約

第1条 (総則)
 エポックレンタルサーバサービス(以下、本サービス)とは、有限会社エポック(以下、当社)が提供するサービスです。
 本サービスは、「エポックレンタルサーバサービス利用規約」(以下本規約)に基づき運営されるサービスであり、当社は、本サービスの利用を希望し、かつ本規約に同意した個人または団体(以下利用者)に対して直接本サービスを提供します。

第2条 (本規約の適用)
 当社及び利用者は、本規約を遵守するものとします。
 また、本規約は、当社と本サービス利用者との間に生ずる一切の関係に適用されるものとします。

第3条 (サービスの内容)
 当社が提供するサービスは以下の各号の通りとします。
 (1)インターネット環境から接続可能な共用サーバの使用権を提供すること。
 (2)利用するサーバで設定可能なメールアカウントを提供すること。
 (3)その他、利用者との協議によって決定したサービスを提供すること。

第4条 (利用申込み、および設定作業の開始)
 当社と利用者がメールまたは文書等で利用開始の確認をするものとします。
 利用者は利用者の個人または団体名、住所または所在地、連絡先等の届出事項を当社へ通知するものとします。
 当社が行う設定作業等の準備作業は、第5条に定める利用料金等の支払確認後に開始するものとします。

第5条 (利用料金および支払い方法)
 当サービスの利用料金は、各利用者ごとに定めるものとします。
 利用料金は、利用開始日が属する月の翌月1日より起算します。
 利用料金の支払単位は、毎月、6か月ごと、1年ごとのいずれかとします。
 利用者は、本サービスの初期費用・利用料金を、当社が指定する銀行口座へ支払うものとします。
 前項の振込手数料は利用者が負担するものとします。
 当社は、利用者への事前通知によって、本サービスの利用料金を改定することができるものとします。

第6条 (利用の継続)
 本サービスを継続利用する場合は、利用開始の確認時に定めた支払単位ごとの金額を利用期間満了前に支払うものとします。
 当社は各利用者に対して、利用期間満了を通知し、利用料金を請求するものとします。

第7条 (解約・利用停止と利用料金の精算)
 本サービスは、利用者の自由意志によって解約できるものとします。解約を希望する利用者は、当社に事前通知をするものとします。
 中途解約の場合、既払い分の利用料金につき、以下の計算方法で得られた残りの金額を銀行振込みにて返還します。

  返還する金額(a) = 既払い金 - 解約日の属する月までの利用月数×月額料金(b) - 銀行振込手数料

 前項の月額料金(b)は、一括払い割引適用前の金額とします。また、返還する金額(a)が0以下になったときは、返還しないものとします。
 解約に関する事前通知がないまま利用料の入金が確認できなかった場合、当サービスはサービスの継続に関する利用者の意志の有無に拘わらず、原則として最終的に入金確認をした月の月末をもって本サービスの提供を停止するものとします。
 前項の場合、最終利用月までの利用料については、利用者に支払義務が残るものとします。

第8条 (禁止事項)
 利用者は、本サービスの利用にあたり、利用者のサーバを媒体として、以下に該当する行為を行ってはならないものとします。
 (1)特定電子メールの送信の適正化等に関する法律によって禁止されている行為(スパムメールの送信)、麻薬および覚醒剤の取引、児童売買春およびその斡旋等国内法によって禁止されている商業活動、「ねずみ講」「マルチ」など特定商取引に関する法律の「連鎖販売取引」にあたる行為等、法令に違反するもしくはそのおそれがある行為
 (2)アダルト商品の売買、スパム用メールアドレスの販売など、公序良俗に反する行為
 (3)第三者の著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、肖像権、パブリシティ権、プライバシー権その他の権利を侵害する行為
 (4)第三者を誹謗、中傷する行為及び第三者の名誉・信用を傷つける行為
 (5)第三者に不利益を与える行為
 (6)本サービスの運営を妨害する行為
 (7)その他、当社が不適当と判断する行為

第9条 (利用資格の停止または取消し)
 利用者が次の各項に該当する場合、当社は連絡不能の場合を除き、当該利用者に対する事前通知を前提として、その利用資格を停止または取消すことができます。
 (1)申込時に虚偽の申告を行った場合。
 (2)前条の各項に規定された禁止行為を行った場合。
 (3)その他、当社が利用者として不適切と判断した場合。
 前各項に該当する事由によって当社に損害賠償等の責が生じた場合、その原因者たる利用者は、当社に代わって当該債務等を負担するものとします。
 第1項の事由により利用資格を停止または取消した場合、停止期間中および取消後の支払済みの利用料金の返還はしないものとします。

第10条 (本サービス内容の変更等)
 当社は、以下の各号に該当する場合に、利用者に事前通知をした上で、本サービス全体又は一部を変更すること又は一時中断、停止若しくは終了する場合があります。
 (1)本サービスを提供するサーバ等の保守又は更新を行う場合
 (2)火災、停電、天災などの不可抗力により、本サービスの提供が困難になった場合
 (3)当社が提供するサーバへの攻撃、または利用者のサーバを用いた不正中継・他サーバ・他ネットワークへの攻撃、またはその他の違法行為が明らかになった場合
 (4)不測の事態により当社が本サービスの提供が困難と判断した場合
 (5)当社都合により変更・中断・終了すると決定した場合
 前項の(1)から(4)の場合については、当社は、サービスの一時中断、停止若しくは終了に関していかなる責任も負わないものとし、利用者が支払った既払い金の返還はしないものとします。(5)の場合に限り、当社は利用料の既払い金の一部を利用者へ返還するものとします。

第11条 (免責)
 当社の意図的な怠慢および責務不履行等によるものを除き、当社は、本サービスの利用に起因する損害についてその責を負わないものとします。
 利用者が本サービスを通じて他者に損害を与えた場合、当該利用者は、自らの責任において問題を解決するものとします。

第12条 (届出事項の変更)
 当社への届出事項に変更が生じた場合、利用者は、当社に対して速やかにその旨を通知するものとします。
 前項にある変更通知の不在によって、当社から利用者への通知、書類等が遅着または不達となった場合、当社はその責を負うことができません。

第13条 (利用者情報の取り扱い)
 当社は、利用者の個人情報およびサーバに保存されたデータを適切に管理保守するものとします。
 当社は、利用者の同意なく前項の情報等を第三者に対して開示しません。
 当社が従うべき法律に基づき、裁判所、検察庁、警察等の法的機関より個人情報の開示を要求された場合は、当サイトは情報を開示する場合があります。

第14条 (利用規約の発効)
 本規約は、当社が利用者との利用開始の確認をした日をもって発効するものとします。

第15条 (利用規約の改定)
 当社は、利用者の承諾なく、また利用者への事前の通知を行うことなく、本規約を適宜変更することができるものとします。

第16条 (合意管轄)
 当社と利用者の間に紛争が生じた場合の訴訟又は訴訟手続きは、東京地方裁判所を第1審の専属管轄裁判所とします。


附則

本規約は、平成16年11月1日より実施します。
(平成20年6月28日一部改正)